スピルリナについて

スピルリナとは、スーパーフード(栄養バランスに優れ、豊富な有用栄養成分をもつ自然食品の総称)の一つであり、そのスーパーフードの中でも特に優れた食品であるため、「スーパーフードの王様」と呼ばれてれいる食品です。スピルリナは藻の一種であり、たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラルの、5大栄養素がすべて含まれているのはもちろんのこと、実に50種類以上もの栄養素がバランスよく含まれている理想のバランス食品です。食糧難の救世主としても期待・注目されています。特に、植物性のたんぱく質(アミノ酸)は 60%以上も含まれており、(たんぱく質が多いと言われる豆腐や牛乳でさえ含有量は5%程度)必須アミノ酸(※体内で合成することが出来ないため、食物などで摂取する必要がある9種類のアミノ酸)も9種類すべて含まれおります。

各部門機関がスピルリナを絶賛しています。世界中が注目!

WHO(世界保健機関)が安全性と栄養価をコメント:1993年、『スピルリナは優れた食品であり、特に鉄、たんぱく質が多い。安全性に問題なく、子供達も利用できる栄養補助食品として理想的なものである』とコメントしました。米国NASAと日本JAXAが宇宙食への活用を研究:米国NASA(航空宇宙局)と日本JAXA(独)宇宙航空研究開発機構は共同でスピルリナを利用した宇宙の密閉空間で長期間にわたり人間が生活できるシステムを研究しています。FDA(米国食品医薬品局)とFAO(国際連合食糧農業機関)が有用性を認定:スピルリナは、FAO(国際連合食糧農業機関)が公に有用性を認定した食品で、FDA(米国食品医薬品局)のフードリスト【GRAS List】(安全性が高いと認められる食品リスト)に載っています。

スピルリナに含まれる50種類以上の栄養成分:アミノ酸:イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニールアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン;ビタミン:β-カロテン(プロビタミンA)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸;ミネラル:カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、銅、マンガン、亜鉛、コバルト、イオウ、クロム;その他健康成分:食物繊維、多糖体、リノール酸、γ-リノレン酸、イノシトール、SOD、フィコシアニン、ゼアキサンチン、クロロフィルa、核酸など

どうして妊活に「スピルリナ」??妊活には本当に様々な栄養が必要スピルリナは、「スーパーフードの王様」と呼ばれている通り、5大栄養素をはじめとし、50種類以上の非常に豊富な栄養成分がバランス良く含まれています。その栄養成分の豊富さで妊活を力強くサポートいたします。